ピアノ引っ越しセンター 大阪

ピアノ引っ越しセンター

ピアノの重量は200kg以上あるため少しの移動でも簡単にできません。当社ならピアノの事を熟知した経験豊富なスタッフが室内の移動から階段作業やクレーン作業などの運送まで親切丁寧に行います。また全国各地にピアノを運送したい場合も当社は幅広いネットワークがありますのでご安心してお申し付けください。

ピアノ運送無料見積もりフォームまたは
フリーダイヤル 0120-32-0766までお問い合わせください。

ピアノはお手入れさえしていれば何十年も美しい音色を奏でてくれます。その為の調律やクリーニングを当社専属のスタッフが責任を持って実施致します。

お問い合わせフォームまたは

フリーダイヤル0120-32-0766までお問い合わせください。



もしもご不要になったピアノがございましたら、メーカー・機種・製造番号・ペダル数などをご確認の上お問い合わせください。当社にて高価買取させていただきます。(一部買い取りできない機種、買い取りできない地域がございます。ご了承ください。)買取不可の場合、格安にて処分致します。

買い取り査定フォームまたは

フリーダイヤル0120-32-0766までお問い合わせください。



結婚式・発表会・パーティー・撮影などで必要なアップライトピアノ・グランドピアノを格安にてレンタル致します。(レンタル地域は近畿圏内限定とさせて頂きます。ご了承ください。)

ピアノレンタルフォームまたは
フリーダイヤル0120-32-0766までお問い合わせください。

名称 株式会社ピアノ引越センター
所在地 大阪府摂津市鶴野4丁目6番16号

事業内容 ピアノの運送・移動・全国配送・調律・クリーニング・買い取り・処分・レンタル、金庫等の重量物運送

電話番号 072-632-0766
FAX番号 072-634-7466

フリーダイヤル 0120-32-0766(全国どこからでもOKです)
Eメールアドレス info@piano-hikkoshi.com

http://www.piano-hikkoshi.com/index.html

ピアノと阪神淡路大震災をテーマにしたドラマ特別企画

『海に帰る日』(MBS制作・1999.1.31.O.A)という

感動のヒューマンドラマに当社が出演しました。

6歳の時、阪神淡路大震災で孤児になった一人の少女が主人公で、彼女がピアノ配送の運転手である中年男性と親戚の家に向かう際に、少女はピアノへの思いそして震災でピアノの下敷きになって亡くなった母との思い出を辿り、運転手は別れた子供のことを思い出し再会しながら、少女と運転手との間に親子のような絆が生まれるトラックでの2日間の旅がメインストーリーでした。

ロケ地も徳島県日和佐から淡路島、和歌山、大阪、神戸、サイパンと巡り、当社はサイパンをのぞく国内すべての場所で2ヶ月間撮影協力させていただきました。出演者の宇崎竜童さん(運転手役)には実際に当社の制服を着て、当社のトラックの運転やユニックの操作などをしていただき、山本太郎さん(助手役)と二人で当社で細工して軽くなったピアノを実際に肩縄で担いでの撮影に挑んでいただきました。

スタッフの方々や出演者、ロケ地の地域の皆さんの協力のおかげで無事1999年1月31日にオンエアされました。その後の反響も大きく、同年3月22日にスペシャル版として再放送されました。その結果1999年6月18日に第25回放送文化基金賞テレビドラマ番組部門の『優秀賞』に輝きました。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。